清田益章 Masuaki Kiyota PROFILE

 

1962年4月30日 東京都足立区生まれ

専修大学文学部人文科心理学卒業後、日本催眠医学研究所で医療催眠を学ぶ。

 

ものごころついた頃から超常現象を発揮していたが、

当時は自分の発揮していた能力の特殊性を自覚していなかった。

1974年(昭和49年)、ユリ・ゲラー初来日を期に超能力者として、

『知られざる世界』『木曜スペシャル』

『TAKESHIの元気がでるテレビ 』『奇跡体験!アンビリバボー』等、

各局でのテレビ、ラジオ出演、各雑誌の取材を数多く受ける。

また電気通信大学、防衛大学、ロンドン大学、ウィスコンシン大学、

コロラド大学、ワシントン大学、ヴァージニア大学、松下技研などの

超能力実験に参加。 

 

現在、法具・金剛杵(Vajra)を両手に、

祈りと踊りを融合させた独自の祈り方ΨおのりΨによって、

宇宙・自然の力や法則を体感、体得し続けている。

 

これまでの超能力実験や、イノリスト(祈人)としての自己の実体験から、

重心(姿勢)・息の調整がすべての能力の根源であることを悟り、

そうした自己調整を、最も近い天体である月の暦=太陰太陽暦を意識し、

関連し行うオリジナル・コンンテンツ

《 Cosmoscise(コスモサイズ)・プログラム》を発案。

これは、健康、能力開発を目的としながら、

人間の可能性を深めていくプログラムである。

主な著書
『サイキの海へ』(めるくまーる社)       『超能力野郎』(扶桑社)
『悪の超能力』(オーエス出版)       『発見!パワースポット』(太田出版)
『エスパー清田の超能力開発講座』(学研)

『本物のパワースポット』(学研)
『超能力対談 飛鳥昭雄×清田益章

 〜スプーン曲げの秘密とプラズマ超科学〜』(学研)  など

その他
『さよなら神様』(MMG製作、ワーナーパイオニア販売)   CD
『IDEA “イデア”』 林海象監督

 (ポニー・キャニオン&キティ=ファイブエース)  ビデオ
『マインド・シーカー』(ナムコ)   ファミコン・ソフト  など